FC2ブログ


全件表示TopRSSAdmin
information
    ※韓国ドラマレビューブログ『若葉マークの韓国ドラマ日記』の別館になりました。それにともない「キリン」改め「マカ」でHNを統一いたします。
    ※お初の方は、まずカテゴリの『お断り&注意』をご一読ください

    ■1/7…
    대미CP更新しました。遅くなってゴメンなさい&今年もよろしくお願いします。

    ■この下に「創作BGM」として好きなK-POPを紹介しています。
    他サイトに飛びます。音量注意
    Sorry, Sorry Answer BY Super Junior
    ----------
    元の曲よりこっちが好き。今年は彼らの全員の名前を覚えることができるでしょうか:D


スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


-- : -- : -- | | page top↑
夕方の雨(3)
2008 / 12 / 04 ( Thu )
 「シン、こっちだ」
 その声にシンは軽く手を上げて答える。SPに店の入り口で待機するよう伝え、声の主の隣、重厚なバーカウンターに腰を下ろすと、「久しぶりだな、皇太弟殿下」薄暗い照明の下で、インが歯を見せて笑った。高校生の頃と変わらないその顔に、シンもつられて笑顔になる。
 「ギョンとファンは結局都合がつかなったんだ。あいつらはもう親の仕事手伝ってるしな、学生と両立するのは大変だって、いつもぼやいてるよ」
 「そうか」
 久しぶりに会いたかった友人2人の顔を、シンは思い浮かべた。
 「お前はまだ親の仕事を手伝わないのか?」
 インの親は韓国一の航空会社を経営している。
 「俺んとこは姉さん夫婦がいるし、そのうちな。今は大学の講義で手一杯だし親も勉強しろってうるさいよ」
 そういえば、とインは続けた。
 「お前の進学はどうなったんだ?皇族だって大学生にはなれるだろ。もう皇太子じゃないんだし」
 「今は無理だな」
 シンの短い答えで、インの眉間に皺が寄った。
 「公務、そんなに忙しいのか」
 「いや。忙しいのは前と同じだ。特に量が増えたわけじゃない。通おうと思えば大学にも行けるさ」
 「じゃあなんで」と、それ以上をインは訊かなかった。シンは自分の気持ちが友人に透けて見えているのを感じて苦笑する。そして自分から白状してしまうことにした。
 「妻を放っておいて、自分の夢もなにもないだろう」
 シンの言葉に、インの口元が綻んだ。
 「なんだ」
 「いや、素直なんだか素直じゃないんだか、シンは相変わらずだと思ってな。妃宮のことで頭がいっぱいなのに勉強なんか手につくか!ってことだろ。要するに」
 そうは言えないところがお前らしんだけどな、とインがまた笑い、シンも顔を伏せ、短く笑った。
 「でもずっと宮に呼び戻せないわけじゃないだろ。元老院のじいさんどもが、なんだかんだ言っても、お前は皇太弟で、シン・チェギョンはその妃だ。そのうちには…」
 「分かってる」
 分かってるんだ、と繰り返し、シンの横顔は少し翳る。
 インの言うとおり、チェギョンはいつか宮に戻る日が来る。今は恵政宮騒動のほとぼりが醒めるまで、と言っている元老院が、皇太弟と妃の別居を問題視する時が必ずやって来るだろう。今は我慢を重ねる時期なのだと、シンもよく分かっていた。
 「まぁ、1日も早く帰ってきてほしいお前の気持ちも分かるけどな」
 「…早く戻ってくれたらと思う。そのために何かしたい」
 でも、とシンは続ける。
 「でも、そうすることが本当にあいつのためになるのか、俺には分からない」
 シンの前に置かれたグラスを、水滴がゆっくりと滑り落ちた。


 その夜、シンはひきだしにしまった写真立てをまた、ベッド脇のテーブルに置いた。
白いドレスに花冠をかぶったチェギョンが笑って、こちらを見ている。心から幸せそうな顔で、彼女お決まりのピースも忘れずに。
 シンはその写真を手元に引き寄せて、そっと彼女の髪を触ってみる。頬を撫でてみる。
 掌が痺れるように熱くなり、わずかに震えた。その震えをリレーするように胸が痛み、シンはその痛みを息と一緒に吐き出しやり過ごした。









~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
殿下の方が妃宮よりも重症…っていう状況が書きたいのです。展開は鈍いですが、そのうち盛り上がる、はず。




テーマ:韓国ドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ - カテゴリー:夕方の雨

23 : 12 : 25 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<夕方の雨(4) | ホーム | 夕方の雨(2)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kirinnnn.blog8.fc2.com/tb.php/5-605f3ab5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。