FC2ブログ


全件表示TopRSSAdmin
information
    ※韓国ドラマレビューブログ『若葉マークの韓国ドラマ日記』の別館になりました。それにともない「キリン」改め「マカ」でHNを統一いたします。
    ※お初の方は、まずカテゴリの『お断り&注意』をご一読ください

    ■1/7…
    대미CP更新しました。遅くなってゴメンなさい&今年もよろしくお願いします。

    ■この下に「創作BGM」として好きなK-POPを紹介しています。
    他サイトに飛びます。音量注意
    Sorry, Sorry Answer BY Super Junior
    ----------
    元の曲よりこっちが好き。今年は彼らの全員の名前を覚えることができるでしょうか:D


スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


-- : -- : -- | | page top↑
ライオンの涙(5)
2010 / 07 / 15 ( Thu )
 子供たちが「がおー」と言いながら、両手のこぶしを丸めて顔の横に構える。お揃いのお面がどの子も良く似合って可愛い。観客の役をしている同僚の先生たちが皆笑顔になる。明日の本番には父兄たちが我が子の姿に目を細めるだろう。
 
 カウルも自分の描いたライオンをかぶって、列の端に加わって一緒に踊っていた。子供たちがくるりと回ると、これもお揃いでつけたしっぽが子供達のお尻でくるりと回る。
「がおー」
 ピアノの伴奏に合わせて歌いながら、少しも迫力のないライオンの群れを見て微笑んだ。列の向こう側で同じく踊っていたヨヌと目が合ったが、彼の方が先に視線をそらし、カウルは少しだけ申し訳ない気持ちになった。
 そして、今朝から何度も繰り返しているように、昨夜のイジョンの言葉を思い出した。
「しばらく会わないでいよう」
 どうしてですか?そう尋ねたカウルを見つめ返した彼の目は、もう迷子ではなかった。なにも、目の前にいる自分さえも映していないように見えて、もっと悲しくなった。





「それで?」
 親友と久々に会ったのは神話大学病院の食堂だった。夕方、食事時には少し早い時刻にも関わらず、患者やその家族、ジャンディと同じく白衣を着た人で結構なにぎわいだ。
「それで、どうしたの?」
 少し怖い顔をしたジャンディに促され、カウルはコーヒーのカップをテーブルに置いた。
「あんたはイジョン先輩になんて言ったのよ。そんなの嫌だって言った?」
 首を横に振って答えると、ジャンディは「なんでよ」とますます険しい顔をして言う。
「どうして。なんで?このままお別れになっちゃったらどーすんのよ!」
 だんだん大きくなるジャンディの声に隣のテーブルにいた白衣の集団が皆こちらを見た。
「ちょっと」 
 カウルが人差し指を口を当てて静かに、というジェスチャーをしたので、声をひそめてジャンディは続ける。
「変だって、そんなの。そもそも『しばらく』って?『会わないでいよう』って何?それになんであんたはちゃんと意思表示しなかったのよ」
「しなかったわけじゃないよ。ただ『どうしてですか』って訊いたけど、もう何も話してくれなかった」
「だからって」
「分かってる。だからって、私が納得するわけないじゃない。ただあの時は…」
 あの時はイジョンがとても脆く見えた。手を伸ばして触れたら、決定的な拒絶をされるような気がして、何もできなかった。
「臆病になったみたい」
 つぶやきのようなカウルの言葉に、よく分かんないなぁと眉をひそめながら、ジャンディはご飯を口に運んだ。 

 相変わらず忙しいジャンディは、結婚を控えてますます忙しい。今も短い休憩時間、こうして話す間にも、おかずやらご飯やらを次々と口に入れている。頬張りすぎたらしく、慌ててお茶の入ったカップ片手で掴む仕草には、なんだか男らしささえ感じる。こんなんで花嫁になれるんだろうかと少し心配になるが、そんなことは関係ないとすぐ気が付いた。彼女の婚約者はこのままの彼女を愛しているのだから、それだけでジャンディは花嫁になれる。
「イジョン先輩もジュンピョみたいに単純…ていうか単細胞だといいのにねぇ」
「そんなこと言うとジュンピョ先輩怒るよ」
「いいのいいの」
 そう言って笑う彼女がとても幸せそうで、嬉しくなってカウルも笑った。

 
 その時、通りかかった白衣の人が「あ」と足を止めた。ジャンディも顔を上げてその人に気がつく。
「あ、ジフ先輩。お疲れ様です」
 ジャンディには頷きで答えてから、ジフはカウルを見、「久しぶりだね」と笑ってくれた。
「ここ座っていい?」
「はい」
 カウルが言うと、彼は食事のトレーをテーブルに置いて、ジャンディの隣に座った。それから言う。
「ジャンディ、さっき教授が君だけレポートの提出がまだだってぶつぶつ言ってたけどいいのか?」
「…え!明日までじゃなかったっけ…!?」
「早く出した方がいいよ。あの人時間に厳しいから」
 ジャンディがこちらを見たので、カウルは「いいから早く行きなよ」と言ってやる。
「ごめんね、今夜…うーん、明日!電話するから」
 残っていたお茶を飲み干して、彼女は立ちあがる。それから余計なことを言った。
「ジフ先輩に相談のってもらいなよ」


 ジャンディは親しいかもしれないが、いきなり2人にされてカウルは緊張した。
 相談と言っても親友になら話せる事情も、目の前の人には言葉を選んでしか話せない。イジョンとのことを、彼の親しい友人でもあるジフにすべて話してしまうのは気が引けたせいもある。だからカウルは自分の不安を説明するのに言葉を選んだし、おそらく大分要点を得ない話だったとも思う。
 それでもジフは黙って聞いてくれた。
 イジョンにしばらく会わないと言われたけれど、理由が分からないこと。なにかに1人で苦しんでるような気がすること。話してほしいと思うけれど、どこまで踏み込んでいいのか分からなくて躊躇してしまうこと。
 
 
 ジフはカウルが話している間に(ジャンディと同じメニューにも関わらず)上品に食事を終え、水を一口飲むと言った。
「君が知りたいと思うところまで踏み込んだらいいんじゃないかな」
 意外な答えにカウルは黙った。それを見、眼鏡の奥で微笑んで彼は続けた。
「僕の考えだから、ちょっと無責任かもしれない。参考程度にして」
 カウルは頷いた。
「イジョンはまだ本当の自分を使ってないんだ。多分本人も分かってると思うけど、できずにいる」
 本当の自分を使っていない。カウルはその言葉を心の中で繰り返した。
「もう長いことあいつは、あのあいつだから、本当のソ・イジョンに会いたいなら、君から動いた方が近道だと思うよ。イジョンは意外に頑固者だから」
「知ってます。プライド高すぎるんです」
 どうでもいいことはいくらでも言うのに、肝心なことは何も言わない。
「そうだろうね。でも知ってる?男は好きな子の前ではカッコつけたいんだ」
 そう言って笑うジフを初めて身近に感じて、カウルも微笑んだ。
「じゃあ格好つける間を与えないくらい…踏み込んでしまえ、とそういうことでしょうか」
 少し考えてジフが答えた。ごく真面目な顔で。
「攻め込んでしまえ、かな」
 




















???????????????
ものすごーくお待たせしてすいません。ホントに。しかもまだ終わりません。構想(妄想ともいう)はずーっと先まであります。形になってないだけで(笑)



テーマ:韓国ドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ - カテゴリー:ライオンの涙

19 : 43 : 17 | トラックバック(1) | コメント(14) | page top↑
| ホーム | ライオンの涙(4)>>
コメント
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * * * 2010/07/15 * 21:56 [ 編集] | top↑
--カウルちゃん~--

待ちに待った続きです。カウルちゃんの困惑が痛いくらい胸を締め付けます。もう、10年くらいになりますね。娘が高校生の頃友達から借りて読んでいたマンガにハマり、ドラマ化されて台湾、日本、韓国版と見続けてカウルちゃんの恋の行方が一番気になりました。
「攻め込んでしまえ、かな」粋なアドバイスですね~
スピンオフで映像化して欲しいくらいです。マカさんの妄想は私の中でしっかり映像化され、カット割りを楽しんでます。
韓国人のチングは私がネット視聴しているドラマのロケ地を探し出し写真を撮ってくれます。韓国人留学生のコンちゃんはサムギョプタルを食べると語源は三段腹だと教えてくれます。FTやCNBやSSのライブで知り合った高校生や大学生のメル友は娘より親切に返事をくれます。
それを娘に話すとボケ防止になって良かったと笑います。
梅雨明けも秒読み、暑さに負けないようにご自愛ください。
カウルちゃんの笑顔を待ってます。
by: norimaki * XGkrYQCI * URL * 2010/07/16 * 10:07 [ 編集] | top↑
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * * * 2010/07/16 * 21:36 [ 編集] | top↑
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * * * 2010/07/18 * 22:11 [ 編集] | top↑
----

マカさん。おひさしぶりでございます。

いやぁ~~~❤❤
感激です!!!!!!
待望の「ライオンの涙」続編。
首を長くして待っていた甲斐ありました。
正直、続きを待ちながら
5話で最終話になってしまったら淋しいなぁ…と
思っていました。。。
ですが、次回があって^^
「攻め込んで行く」カウルちゃんを
見られるんですね。
と、いう事は同時に
「攻め込んで来られる」イジョン先輩が見られる❤

もぉ~ ホントにホントに感謝です!!マカ様☆☆

暑い日が続きますが
お体に気をつけてくださいませ♪
by: manimani * - * URL * 2010/07/22 * 10:37 [ 編集] | top↑
----

あけましておめでとうございます。
と、はじめまして。
この先のカウルちゃんをキリンの様に
首を長ぁーくしてお待ちしております。
by: むさぴょん * - * URL * 2011/01/01 * 21:56 [ 編集] | top↑
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * * * 2011/03/18 * 19:15 [ 編集] | top↑
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * * * 2011/07/02 * 11:37 [ 編集] | top↑
--承認待ちコメント--

このコメントは管理者の承認待ちです
by: * * * 2012/10/18 * 15:33 [ 編集] | top↑
--承認待ちコメント--

このコメントは管理者の承認待ちです
by: * * * 2013/01/17 * 13:11 [ 編集] | top↑
--承認待ちコメント--

このコメントは管理者の承認待ちです
by: * * * 2014/07/27 * 17:13 [ 編集] | top↑
--承認待ちコメント--

このコメントは管理者の承認待ちです
by: * * * 2014/08/24 * 19:43 [ 編集] | top↑
--承認待ちコメント--

このコメントは管理者の承認待ちです
by: * * * 2014/08/30 * 23:11 [ 編集] | top↑
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * * * 2015/02/18 * 18:45 [ 編集] | top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kirinnnn.blog8.fc2.com/tb.php/39-01a248c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
-
管理人の承認後に表示されます【2012/10/26 06:00】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。