FC2ブログ


全件表示TopRSSAdmin
information
    ※韓国ドラマレビューブログ『若葉マークの韓国ドラマ日記』の別館になりました。それにともない「キリン」改め「マカ」でHNを統一いたします。
    ※お初の方は、まずカテゴリの『お断り&注意』をご一読ください

    ■1/7…
    대미CP更新しました。遅くなってゴメンなさい&今年もよろしくお願いします。

    ■この下に「創作BGM」として好きなK-POPを紹介しています。
    他サイトに飛びます。音量注意
    Sorry, Sorry Answer BY Super Junior
    ----------
    元の曲よりこっちが好き。今年は彼らの全員の名前を覚えることができるでしょうか:D


スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


-- : -- : -- | | page top↑
The Twelfth of Never(3)
2009 / 02 / 03 ( Tue )
 遅い夕食の後、リビングでお茶を飲んでいるとき、シンが言った。
 「あんなに見られてたら、食べ物が喉を通らない」
 「…だって」
 少し顎を上げて、こちらを見る彼は薄く笑っている。
 「シン君が食べてる!と思って」
 「なんだそれは」
 呆れたように言ってお茶を口にする彼に、私はまた心の中で小さく感激した。
 
 シンが話す。食べる。笑う。飲む。私を見る。そんな当たり前のことにいちいち感動してしまうのだ。
 「思い浮かべてたシン君と、実際のシン君てやっぱり違うんだなと思って」
 「は?」
 「だからね…まぁ、いいや」
 私は説明しかけてやめる。面倒になった。こんなに幸せな気持ち、説明なんかしてもきっと伝わらない。説明してしまうのがもったいない。
 「言いかけてやめるな」
 シンはティーカップの向こうで眉をひそめた。私はその顔を見ながら思う。
 こんな顔も想像するシン君と、実物とじゃ全然違うもん。
 私はまた彼の顔をじッと見つめていたらしい。「だから、そんなに見るな」と言われて、私はそのことに気がついた。少しだけ頬が熱くなって私は視線をそらした。

 急に意識してしまって、今度はシンの目がまっすぐに見られなくなってしまった。しかしシンはそんなことに気がつかないようで、涼しい顔で携帯電話を取り出した。コン内官と、明日の予定を確認しているらしい。
 
 私はティーカップ越しに、また彼を見る。そっと。
 電話にむかって相槌を打つ低い声。時々浮かぶ眉間の、ちょっと神経質そうな皺。
 どうしよう、と私は思う。
 電話を耳に当てている長い指で、さわってほしいなんて、どうかしてる。私、なんかいやらしくなった?いやいや、そんなわけないでしょ!
 私は自分の考えを、首を横に振って振り落とす。

 「おい、首がとれるぞ?」
 電話の済んだシンが怪訝な顔で言う。
 「シン君」
 「ん?」
 「おやすみ」
 「は?」
 私がいきなり立ち上がったので、彼は目を丸くした。
 「いきなりなんだよ」
 「眠いの」
 確かに旅疲れで眠かった。だから嘘じゃない。でもそれよりも、今シンのそばにいるのは、とっても危険だった。
 自分の口から、とんでもない言葉が飛び出さないうちに退却しないとまずい。
 
 私は自分の部屋に行こうと、なるべく普通を装って彼に背を向けた。
 「シン・チェギョン」
 背後でシンの立ち上がる気配とともに、背の高い影が私の上に落ちた。
 「チェギョン、こっち向いてみろ」
 「…」
 「さっきまでじろじろ人の顔見てたくせに、なにを今さら照れるんだ?」
 「べ、別に、照れてなんかないし」
 振り向くとシンが私を見下ろしていた。
 「近いよ、シン君」
 「ん??」
 とぼけながらまた一歩私に近づく彼の目は、いかにも楽しそうだったが、ふいに瞳から笑いが去った。そして静かに言う。
 「…俺は急ぐつもりはないから、そんなに警戒するな」
 そうじゃない。私は自分の行動が予測不可で、それが怖いのであって、シンが怖いわけじゃない。
 
 「疲れてるんだろ。おやすみ。冷えるからちゃんと暖かくして寝ろよ」
 シンは大きな手を私の頭において、父親が子供にするようにクシャクシャと撫でた。そのときの彼の目が少しだけ寂しそうで、私はついに本能を勝たせてしまった。
 「そうじゃなくてね!…そういうんじゃなくて」
 シンは腕を下ろして、首を傾げる。私は思い切って顔を上げた。
 「さっき、私がいたらよく眠れそうって言ったでしょ?」
 「まぁな」
 「じゃあ、試しに…」
 「試しに?」
 「抱っこして、寝てみる?」














~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
もう1話あります。


テーマ:韓国ドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ - カテゴリー:The Twelfth of Never

11 : 02 : 05 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<The Twelfth of Never(4)完結 | ホーム | The Twelfth of Never(2)>>
コメント
--明けまして おめでとうございます。--

キリンさん おはようございます。
更新ありがとうございます。
今年もキリンのところのシンチェに会いに
おじゃましますので よろしくお願いします。

by: かぐら * - * URL * 2009/01/05 * 05:44 [ 編集] | top↑
----

今年もよろしくお願いします~!!!待ってました~ヨ~
  
急かす訳じゃないんです~でも楽しみなんです ホント

シン&チェギヨンをよろしく~って感じです。σ(-c_,-`。)

愉しみ々~えへへ~

  
by: 美優 * - * URL * 2009/01/06 * 09:52 [ 編集] | top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kirinnnn.blog8.fc2.com/tb.php/17-6d8905ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。